DURAS(デュラス)

DURAS(デュラス)

日本
会社株式会社イナンナ
ブランド設立2000年2月
系統ギャル コンサバ
URLhttps://www.duras.jp/

View this post on Instagram

【NEW ITEM】 ボリューム感のあるチュールスカートでデイリーな着こなしをブラッシュアップ! . 画像をタップしてアイテム詳細をチェック♪ ——————————————————— ☑︎チュールロングスカート ¥4,500(+TAX) . ☑︎ベルト付ケープニットカーディガン ¥6,500(+TAX) . 着用モデル:茶谷伊織(身長161cm) ——————————————————— . #duras #デュラス #duras_official #coordinate #fashion #instafashion #ootd #newarrival #new #dress #followme #lady #lace #ワンピース #モテ服 #大人カジュアル #大人可愛い #オリジナル #デートコーデ

A post shared by DURAS (@duras_official) on

ブランド名はフランス語のDURとASを組み合わせた造語。 DURは「永遠の」、ASは「ハートのエース」「1番」を意味する。

ブランドコンセプトは、「無限に秘められた女性の魅力。すべてを超越したかのような圧倒的な存在感。あらゆる人を魅了してやまない、そんなGlamorousな大人になりたいと願う、女性のためのブランド」。

グラマラスをテーマにしたファッションで、セクシー系のキレイ目アイテムが多い。目を惹くオリジナル柄や繊細で優美なレース。細やかなディテールとスタイルアップを約束するシルエットを持つアイテムは、カジュアルスタイルでも上品な大人のセクシーさを引き出します。

渋谷109等に店舗があり、ギャル系ファッションブランドの中では、比較的大人っぽいテイストのブランドに位置する。メイン顧客はギャルやキャバクラ嬢の女性だが、リーズナブルな価格設定ながらデザインの性質上価格以上の高級感を醸し出すことから、ギャルとされる女性以外の顧客も多い。

かつて展開していた姉妹ブランド

DURAS ambient(デュラスアンビエント)

2003年に設立された20代半ば~30代半ばのキャリアウーマンがターゲット。DURASに比べてベーシックなモノトーン系のアイテムが多く、より大人っぽくハイグレード化した雰囲気。

姉妹ブランドの「DURAS ambient」は、全ての女性へ贈る進化したベーシックデザインの在り方、全ての女性が持つ美しさを最大限に引き出す卓越したディテールワークをポイントに、ただのトレンドスタイルには留まらない、魅せる術を心得たハイエンド・コレクションを展開する。

2016年1月に、ブランドが株式会社デュラスから株式会社ALEFSへ譲渡され、以降はALEFSのブランドとして存続しているが、譲渡後はDurasの名が外れた。

DURAS GOLF(デュラスゴルフ)

20代から30代の女性ゴルファーをターゲットとした日本のゴルフファッションブランド。派手なデザインのギャル系ゴルフウェアとベーシックなデザインのトラッドゴルフウェアの中間にコンセプトを置いて展開する。2009年より「DURAS SPORTS」というブランド名で試験的に展開をしていたが、2010年より「DURAS GOLF」に変更して本格参入。

魅力的でセクシーな女性でありながら、愛らしさもわすれずに、コースでもタウンでも魅力的であれるような多角形態で、普段着としても着れるゴルフウェアとなっている。

運営会社

アパレルブランドの「EGOIST(エゴイスト)」を運営するエゴイストグループがブランド「デュラス」の立ち上げに伴い分社化し、2000年2月に株式会社デュラスが設立されました。

当初は株式会社デュラスが展開していましたが、販売不振や金融責務や仕入れ窓口だった関連会社である株式会社ゾディアックの為替デリバティブによる多額の損失で経営が悪化。経営再建策として、「DURAS ambient」ブランドを2016年1月に株式会社ALEFSへ譲渡した他、2017年3月31日付で株式会社イナンナを会社分割で設立し、DURASブランドをイナンナへ譲渡。以降はイナンナのブランドとして展開しています。

株式会社デュラスは2017年5月31日に株式会社アセットナインへ商号変更。6月13日に事業を停止し、6月21日に東京地方裁判所から破産手続開始決定を受けました。アセットナインの関連会社である株式会社ゾディアックも、2017年7月19日に東京地方裁判所から破産手続開始決定を受けました。

ゾディアックは、エゴイストグループの商品仕入れ部門を独立させる形で設立。以後、同グループの物流業務を担っていました。

しかし、グループからの受託数量減、円安などから採算の合わないグループ企業との取引から撤退。同グループのアセットナインとの取引が中心になっていました。

倒産の直接のきっかけは複数の為替デリバティブ契約でした。2008年頃には年数億円規模の損失が出る状況となり、その間、金融ADRを申し立てたが、十分な負債の減免を得られませんでした。

仕入れ窓口であるゾディアックの財務悪化は、アセットナイン(旧デュラス)にも波及。その売上高は、全盛期の約3分の1に減少。2017年に入り、株式会社ALEFSにデュラスブランドを譲渡し、6月13日にアセットナインは事業を停止。その仕入れ窓口であるゾディアックには事業継続の道は残されていませんでした。

コメント