渋谷 - Shibuya

ギャル - Gal

BACKS(バックス)

黒を基調とし、クールで、ストイックで、メンズライクなムードを放つBLACKスタイルで、大人の不良を西海岸テイストのアメリカンカジュアルで表現するブランドです。アメリカのワークやミリタリー等のストリートウェアからインスパイアされたメンズライクなアイテムにハットやメガネでアクセントを付けるスタイルが基本。
お姉 - One

AZUL BY MOUSSY(アズール バイ マウジー)

クールでスタイリッシュなジーニングカジュアルを基本としたメンズ&レディスのカップルストアブランド。MENS/LADIES両方が充実していることもあり、若者ばかりでなく、家族連れ等様々な客層に支持されている。 また、ウェアやファッション雑貨のみならず、音楽&アートなどのカルチャー発信まで、ライフスタイルを創造する高感度なトレンドアイテムを多数展開している。
ギャル - Gal

MURUA(ムルーア)

ファッション雑誌『ViVi』の元読者モデルだった荻原桃子が2006年に立ち上げたファッションブランド。『FEMININE MODE』ブラックを基調としたクールでモードなマスキュリンスタイルに、女性らしいディテールや素材で取り入れるフェミニンさをプラスし、独自のムードを作り出す。トレンドを敏感にキャッチし、自分を表現したいと思う芯のある現代女性に向けたワードローブを提案。
ガーリー - Girly

MA*RS(マーズ)

MARS(マーズ)は、渋谷109系のギャルファッションブランド 。ピンクと黒がキーカラー。MA*RS、MA*RS、MARSなどと表記されることがある。 2000年代前半のギャルファッション全盛期の頃のセクシーさは鳴りを潜め、現在はガーリー系や姫系に路線変更している。
ガーリー - Girly

one spo(ワンスポ)

スポーツとモードが絶妙にミックスされた新感覚ファッションブランド。one spoのテーマは、セクシーとスポーティーのバランス。自分らしさにこだわり、けっして媚びない 。そんなオンリーワンにこだわったウェアはもちろん、小物・靴までトータルに提案する。
ガーリー - Girly

one way(ワンウェイ)

a Sensitive GIRL - オシャレに敏感な女性のために、トレンド&キュートなテイストのオリジナルティあふれるアイテムを提案し、デザイン性と着こなしの楽しさで「いつも自分らしさを失わない」ファッションをトータルにサポートする。 流行を取り入れつつもヴィンテージ感のあるシンプルなデザインが特徴で、洗練された気取らなさを表現している。
ギャル - Gal

RESEXXY(リゼクシー)

「American Glamorous」 異性からのSEXYだけではなく、同性からも憧れられるような本物のSEXYを提案。女性としての魅力を最大限に引き出し、毎日のファッションに輝きを与える。 エレガントなセクシーさを常に忘れない女性を表現する、「SEXY ELEGANT」がコンセプト。
お姉 - One

MOUSSY(マウジー)

2000年、エゴイストのカリスマ店員だった森本容子のプロデュースにより「MOUSSY」をスタート。同年4月、渋谷109に店舗をオープン。 MOUSSYの代名詞であるデニムと上質なベーシックアイテムを中心に魅せるスタイリングは、内面の強さと美しさを引き出し、魅力的な女性像を創り上げる。常に流行を意識し、自分自身を表現し、追及し続けるすべての女性たちへ向けた、ハイカジュアルブランド。
お姉 - One

rienda(リエンダ)

幾つになっても自分でありたい。エイジレスでアイデンティティを失わない全ての女性の為のブランド。女性の体のラインを美しく最大限に引き出すラグジュアリースタイル。滲み出るような色気と大人の女性らしさにエッジを効かせ、艶やかな花のように人を魅了させる、センシュアルなデザインを表現。
ギャル - Gal

Rady(レディ)

雑誌「小悪魔ageha」の元モデル、武藤静香のプロデュースにより2008年に誕生したブランド。 様々な種類のセットアップがありデザインも豊富。キャッチーなテキスタイルやガーリーな色使いが若い女性たちに人気で、ルームウェアラインのカラフルで適度な緊張感のある部屋着なども展開している。