渋谷 - Shibuya

ギャル - Gal

Sneep Dip(スニープディップ)

渋谷109に店舗を持ち、猫とファッションのコラボレーションを特徴としています。モノトーンやアース系のカラー中心に、エッジのきいた強い女性をイメージ。女性らしい要素も取り入れてSEXYかつエレガントなスタイルを演出しています。
ギャル - Gal

EVRIS(エヴリス)

「STREET GIRL」をコンセプトに、School、Date、Work、Night out、などシーンを選ばないで着れるストリートスタイル。スタンダードなアイテムから個性的で遊び心のあるアイテムまで幅広く揃え、いつだって最先端をいく “it girl” に。ワガママで欲張りな女の子にHAPPYを提供する。
ガーリー - Girly

dazzlin(ダズリン)

メインターゲット層は、18歳から26歳の学生や社会人OL。仕事も遊びも全力で取り組む、カッコいい女性達をより一層輝かせるファッションブランド。仕事着としても休日でも来られるような様々なシーンに対応できるようスウィート・カジュアルなスタイリングを提案している。サイズ感は小さめで、ボディラインの見えやすい服が多い。
ギャル - Gal

MURUA(ムルーア)

ファッション雑誌『ViVi』の元読者モデルだった荻原桃子が2006年に立ち上げたファッションブランド。『FEMININE MODE』ブラックを基調としたクールでモードなマスキュリンスタイルに、女性らしいディテールや素材で取り入れるフェミニンさをプラスし、独自のムードを作り出す。トレンドを敏感にキャッチし、自分を表現したいと思う芯のある現代女性に向けたワードローブを提案。
ギャル - Gal

RESEXXY(リゼクシー)

「American Glamorous」 異性からのSEXYだけではなく、同性からも憧れられるような本物のSEXYを提案。女性としての魅力を最大限に引き出し、毎日のファッションに輝きを与える。 エレガントなセクシーさを常に忘れない女性を表現する、「SEXY ELEGANT」がコンセプト。
お姉ギャル - One Gal

Delyle NOIR(デイライル ノアール)

“NUDY LADY” 自分を大切に美しく魅せる事を追求し続ける Glamorous LADY シーンにとらわれず常に女である事を意識した魅力的なスタイリングを提案している。
カジュアル - Casual

MINK TOKYO(ミンクトーキョー)

メンズライクとレディースライクを融合したセクシーかつカジュアルなスタイル。ナチュラルな色味、周りと差のつくベーシックアイテム。そして、ファッショナブルで洗練された、ちょっぴり尖ったsexyな女の子を演出するプライベートブランド。
ギャル - Gal

Darich(ダーリッチ)

テーマは "大人ピンク"。女性は本能的にピンクが好き。でも大人になるにつれてピンクのお洋服を控えるように… そんな概念を払拭する、大人の女性の為のピンクアイテムを提案。 一つのテイストに捉われることなく、カジュアル・セクシー・フェミニンの三軸を融合したエキセントリックなファッションを身に纏い、オープンマインドで自信に満ち溢れた毎日を過ごして欲しい。 毎朝のお洋服を選ぶ時間、その日1日のなりたい自分を想像する。 そして、女性が本来兼ね備えている魅力を最大限に引き出す。
アメカジ - American Casual

d.i.a.(ダイヤ)

TOUGHで男に媚びないSEXYな女性―。VINTAGE d.i.a. JEANSをベースに、EDGE の効いた肌魅せ CASUAL STYLE と強さと色気を魅せる SEXY STYLE を提案。 『d.i.a.』のカジュアルさやセクシーに対して、『COMFILAX』は、大人可愛い雰囲気のブランド。
ガーリー - Girly

CECIL McBEE(セシルマクビー)

1987年にスタートした同ブランドは、「セクシーカジュアル」をコンセプトに2000年代の渋谷のギャル文化を牽引。しかし、ギャルブームの衰退に伴い、次第に苦戦を強いられるようになった。 2019年秋からリブランディングを進め、新コンセプト「今の時代にちょうどいい」を掲げて、商品全般をガーリーテイストにトレンド感を加味したデザインに一新。
ギャル - Gal

BACKS(バックス)

黒を基調とし、クールで、ストイックで、メンズライクなムードを放つBLACKスタイルで、大人の不良を西海岸テイストのアメリカンカジュアルで表現するブランドです。アメリカのワークやミリタリー等のストリートウェアからインスパイアされたメンズライクなアイテムにハットやメガネでアクセントを付けるスタイルが基本。
お姉 - One

AZUL BY MOUSSY(アズール バイ マウジー)

クールでスタイリッシュなジーニングカジュアルを基本としたメンズ&レディスのカップルストアブランド。MENS/LADIES両方が充実していることもあり、若者ばかりでなく、家族連れ等様々な客層に支持されている。 また、ウェアやファッション雑貨のみならず、音楽&アートなどのカルチャー発信まで、ライフスタイルを創造する高感度なトレンドアイテムを多数展開している。
ガーリー - Girly

MA*RS(マーズ)

MARS(マーズ)は、渋谷109系のギャルファッションブランド 。ピンクと黒がキーカラー。MA*RS、MA*RS、MARSなどと表記されることがある。 2000年代前半のギャルファッション全盛期の頃のセクシーさは鳴りを潜め、現在はガーリー系や姫系に路線変更している。
ガーリー - Girly

one spo(ワンスポ)

スポーツとモードが絶妙にミックスされた新感覚ファッションブランド。one spoのテーマは、セクシーとスポーティーのバランス。自分らしさにこだわり、けっして媚びない 。そんなオンリーワンにこだわったウェアはもちろん、小物・靴までトータルに提案する。
ガーリー - Girly

one way(ワンウェイ)

a Sensitive GIRL - オシャレに敏感な女性のために、トレンド&キュートなテイストのオリジナルティあふれるアイテムを提案し、デザイン性と着こなしの楽しさで「いつも自分らしさを失わない」ファッションをトータルにサポートする。 流行を取り入れつつもヴィンテージ感のあるシンプルなデザインが特徴で、洗練された気取らなさを表現している。
お姉 - One

MOUSSY(マウジー)

2000年、エゴイストのカリスマ店員だった森本容子のプロデュースにより「MOUSSY」をスタート。同年4月、渋谷109に店舗をオープン。 MOUSSYの代名詞であるデニムと上質なベーシックアイテムを中心に魅せるスタイリングは、内面の強さと美しさを引き出し、魅力的な女性像を創り上げる。常に流行を意識し、自分自身を表現し、追及し続けるすべての女性たちへ向けた、ハイカジュアルブランド。
お姉 - One

rienda(リエンダ)

幾つになっても自分でありたい。エイジレスでアイデンティティを失わない全ての女性の為のブランド。女性の体のラインを美しく最大限に引き出すラグジュアリースタイル。滲み出るような色気と大人の女性らしさにエッジを効かせ、艶やかな花のように人を魅了させる、センシュアルなデザインを表現。
ギャル - Gal

Rady(レディ)

雑誌「小悪魔ageha」の元モデル、武藤静香のプロデュースにより2008年に誕生したブランド。 様々な種類のセットアップがありデザインも豊富。キャッチーなテキスタイルやガーリーな色使いが若い女性たちに人気で、ルームウェアラインのカラフルで適度な緊張感のある部屋着なども展開している。
ギャル - Gal

LIP SERVICE(リップサービス)

2007年にスタートした「LIP SERVICE」は、渋谷109系ブランドの草分け的存在で、当時のエロカワブームの火付け役とも言われるギャル系ファッションブランドです。COOL&SEXYなスタイルをベースに、艶っぽさとエッジィの効いたかっこいい大人の女(WOMEN)の為のゴージャスかつハイセンスなスタイルを提案しています。
ガーリー - Girly

Ank Rouge(アンクルージュ)

ロマンティックとスイートカジュアルをキーワードに、女の子の「かわいい」と「大好き♡」を詰め込んだドリーミーでガーリーなスタイリングを提案しています。